引田弁護士事務所と日本保証~弁護士&サラ金の闇?

武富士・・2010年(平成22年)9月28日に、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請し、法律をうまく活用して、本来返すべきであった「貰いすぎた利息」をほとんど返済することなく、平成24年3月に、更生会社株式会社武富士の消費者金融事業を上記の株式会社日本保証が、吸収分割により承継し、旧武富士はTFK株式会社という商号になっています。

そんな日本保証の代理弁護士事務所が引田法律事務所
引田法律事務所は、債権回収代行業務を専門としている法律事務所です。

ここで私なりに色々調べてみたところ
引田法律事務所は、弁護士業界の闇金?サラ金?のようなイメージです。

確かに借りたお金を返さない債務者が悪いのは当然ですが
引田法律事務所は、あり得ないプレッシャーを掛けてきます。

話し合っても、月に何度も封書で追い込んでくるのは如何なものでしょうか?
債務者の止むを得ない状況を知っていながらも容赦はありません。

引田法律事務所は、債権回収よりも依頼があったので淡々の業務をこなしているだけで
債務が回収出来るまでは、債務者の事情に関わらず攻めてきます。

引田法律事務所から請求が来た場合
検索するとわかるのですが、速やかに「消滅時効の援用ができないか?」
多少でも収入があるのなら「債務整理」「自己破産」をお勧めします。

引田法律事務所もお金儲けの為に、仕事をこなしているだけで
債務の回収が目的ではありませんので
「返済をする・しない」に限らず何らかの対応をすると請求は止まります。

ただやり方は、サラ金以上に鬼です。

あくまで、引田法律事務所から請求が来た場合の対応です。
当然、止むを得ない状況で話し合いに応じてくれるのなら
しっかり返済しましょう。

追記。
自己破産や債務整理、消滅時効なんてのは
返済能力が無い人の為ですが、返済能力が無い人間に
こんな手続きをする費用があるわけないですよねww
だから困っているのでは?と思います。

この記事へのコメント

スポンサーリンク